ちょっといい手土産に「Babbi」のウェハース

ジェラート向けコーン工場から創業「Babbi」

どこかの家での食事に呼ばれたとき、ワインなどの飲み物を持っていくのが、イタリアでも一般的です。

ただ、ワインは選ぶのが難しいので、自分はよく「Babbi」というメーカーのウェハースを手土産に持っていきます。

「Babbi」は、むかし長友選手が所属していたチェゼーナ(エミリアロマーニャ州)の近くで創業。もとはジェラート向けのコーンを作る工場だったそうですが、いまや、高品質なウェハースやチョコレートを作るスイーツメーカーとして、日本にも進出しています。

 

プレミアムなウェハース、、とは

ウェハースというと、自分は、昔から日本で売っている「麦ふぁー」という商品を思い出します。軽くて食べやすいので、どちらかというと子供向けのお菓子という印象があります。

「高級」とか「プレミアム」なウェハースというのはあまり聞いたことなく、例えば日本のデパ地下でも、立派な缶に入った「いい」クッキーはありますが、「いい」ウェハースというのはないと思います。

でも、この「Babbi」のウェハースを食べてみれば、ウェハースにも「プレミアム」というカテゴリーが存在することが理解できます。

チェゼーナ、ラヴェンナ、リミニなど、ロマーニャ地方の街々を描いたレトロな缶に入っていて、

ふたを開けると、薄いウェハースがぎっしり↓。  バニラクリームとヘーゼルナッツの2種類。1枚1枚がとにかく薄くて繊細。食感は、噛まなくても溶けてしまいそうなぐらい軽いですが、クリームは濃厚。特にヘーゼルナッツは、日本ではそのまま食べることが多いですが、イタリアではヘーゼルナッツ(Nocciolaという)味のジェラートやクリームがポピュラーで、どれも濃厚で美味い。

 

誰が食べても美味しい

イタリアの人は、老若男女みんなジェラートが大好きですが、この「Babbi」のウェハースも嫌いな人がいるとは思えない美味しさ。

いかにも丁寧に作られ、いい素材を使っているのがわかります。ですので、値段もプレミアムです。

缶のサイズがいくつかありますが、この1番小さい缶↓で、ちょうど iPhone SEと同じ大きさ。高さは、幅が約2cmのウェハースが1段入るだけ。結構小さいです。これで、9,9ユーロ。

食べれば、誰でも気にいる美味しさですが、やはり日常的に1000円以上するウェハースを買うことはまぁないでしょうから、だからこそ手土産にぴったりだと思います。

わざわざ自分では買わないけれど、確実に美味しいから、もらったら嬉しい。そんな菓子です。

 

松屋銀座などでも取り扱い

Babbiの公式サイトに日本語ページもあって、それによると、

  • 松屋銀座
  • ららぽーとTOKYO-BAY
  • 阪急梅田店
  • 丸井今井札幌店

に店舗があるようです。公式サイト内にオンラインストアもあり、ウェハースも売っていますが、缶のデザインはロマーニャ地方の街々ではなく、これ↓

ですので、デパートの店舗にあるのも、このデザインの缶かもしれません。オンラインストアには、ヘーゼルナッツ(nocciola)味はなく、ピスタチオとバニラ。

 

イタリアで購入するには

普通のスーパーには売っていません。ちょっと高級な食材や菓子類を売っている店、ケーキ屋(pasticceria)に時々売っています。

Babbi公式サイト内のこのページから店を検索可能。

自分は、ボローニャのこの店で買いました。

  • 店名:Bottega del Caffè
  • 住所 (google mapで見る)

(おわり)