【シチリア島・パレルモ】ウニパスタが食べられる店

イタリアのどの都市でも魚料理専門のレストランはありますが、ウニのパスタはミラノとシチリア島でしか見たことがありません。

(ミラノでは中央駅から1,4km「Ristorante Mercato del Pesce」のメニューで見たことがあります)

2019年12月、1泊2日のパレルモ滞在の個人的ミッションは定評あるドルチェ類とウニパスタ。

店名:I sapori del mare
場所:パレルモ市内のへそ「Quattro Canti」から2km
住所Via Re Federico 8,  Palermo 90141Googleマップで

それなりに下調べはしたのですが、メニューにウニパスタがあるかどうかは、トリップアドバイザーなどでその写真があがっているかどうかで判断するしかなく、パレルモ市内で確認できたのは数店舗だけでした。

海の近くのレストランには、ウニパスタをやっている店が結構あるようでした。

 

よく分からなかった開店時間

イタリアの昼食時間は13時からで、レストランも12時開店がほとんど。

12時ちょうどに行ってもお客さんは全然いないし、店員からも「いや、まだ店開ける準備始めたところだから」という顔をされることがあるので、12時15分頃に「I sapori del mare」に到着。が、ドアは鍵がかかっていて、店内をのぞいても誰もいません。13時開店だったとしてもさすがにこの時間は準備をしている店員ぐらいはいるはずですが、電気もついていません。

あきらめて、チェックしていたもう1店「Osteria Mercede」へ。こちらはウニパスタがあるか不明だった店ですがレビューでは高評価だったので行ってみたのですが既に満席。。

いきなり手詰まりになってしまいました。

もしかしたら、と最初に閉まっていた「I sapori del mare」に電話してみると、先程は店内に誰もいなかったのに店員が応答。「いま行っても大丈夫?」と聞くとあっさりOK。結局、入店したのは12時50分頃。この日は日曜日だったので、遅くとも12時30分には客が来るとは思うのですが、この時間にもまだ誰もいませんでした。

 

常時あるわけではないらしいウニのスパゲッティ

さっそくメニューの中にウニのスパゲッティがあるか確認。ありました。
Spaghetti ai ricci  20

念のため店員に確認してみると、
「昨日の夜ウニをたくさん使ったから、シェフにまだあるか聞いてみる」
と言われ嫌な予感がよぎりましたが、大丈夫でした。

この言い方からすると、さすがのシチリアでもウニは貴重な食材であることに変わりないらしく、常時豊富にあるわけではないようです。

パスタが茹で上がるまでのアテとして前菜からタコを注文。Il polpo maiolino in agretto

一人だったので半量にしてもらいました(12→8)。オリーブオイルとレモンだけの味付けで、結局これが一番おいしい。ワインは、ハウスワイン的なものがなかったので、ハーフボトル。タコだけでこのハーフボトルを空けてしまえそうですが、セーブして待ちます。

そして、スパゲッティは太め、もっちり感強め、量も多いです。昼これを食べたら、夜は何も要らなくなくなるぐらいの重量感。

ウニは、パスタの上にたっぷりのっていますが、麺に絡ませるソースにまでは使われていないようでした。

会計は、40(1人)
タコ(Il polpo maiolino in agretto、€8
ウニパスタ(Spaghetti ai ricci 、20)
ワイン(「Regaleali」のハーフボトル、€8
水(2)
coperto(テーブルチャージ、€3

 

「これを食べるためにまた行きたい!」とまでは。。

自分の経験では、ウニパスタ自体、ミラノとシチリア島の店でしか見たことがないので、もちろん満足感はありました。

ただ、いかんせんシチリアに対する期待値が高すぎたため、前菜のタコなどはミラノや他の海沿いの町でも同クオリティのものを食べられるだろうな、と思ってしまいました。

シチリア島はホテル代や交通費などからして明らかに物価が安いですが、この店に関してはそこまでのお手頃感もありませんでした(まぁ、これも「さすがシチリア」を連呼したかった期待値の高さがそう感じさせただけかも)

もう1店ぐらい他の魚料理レストランに行ってみたかったですが、勝手にウニパスタ縛りをかけていたため、店選びもうまくいきませんでした。

今回のパレルモ滞在の収穫は、これまで敬遠していた、アイルランド産LCC「ライアンエア」が言うほど悪くないことがわかったことでした。

これを上手く使えばパレルモへもわりと気軽に行けるので、隙を見つけてリベンジしたいと思います。

【ライアンエアー】評判やマイナスイメージと実際 ☆2019年12月搭乗☆

(おわり)