【両替】現地ATMでキャッシング → 繰越し返済がベスト(台湾を例に)

キャッシング利用後の繰越し返済がポイント

海外旅行での両替は、クレジットカードを用いて、現地ATMでキャッシングするのが、利便性と両替率をトータルしてみると、ベストかと思います。

ポイントは「繰越返済」。キャッシングを利用すると、利用日から利息が発生。その利息は日々増えていくので、その前に繰越しで返済してしまうということです。

利用記録がカード会社に届く翌々日ぐらいにカスタマーサービスに電話して、繰越し返済の旨を伝えると、指定の口座に振り込むように言われます。

ここで、ネット銀行(住信SBIネット銀行、新生銀行など)に口座を持っていれば、振込み手数料が(少なくとも月に1回は)無料、海外にいてもPCから振込むことができます。

というわけで、「繰越返済」と「振込手数料が無料のネット銀行口座を所有」の2つの条件があれば、海外の両替は、現地ATMでのキャッシングが両替率・利便性ともにベストと思います。

台湾滞在時、JCBカードでキャッシング

2017年、台北を2回訪問する機会があり、JCB・ANAカードを用い、現地ATMでキャッシングを利用。

必要になったときに少額でもすぐ引き出せるのがキャッシングの利点。台北MRTの駅構内に、ほぼ必ずあったこの銀行のATM↓↓で利用できた、というのはデータとして有用かなと思ったので書き残しました。

台北MRT駅構内「Cathay United Bank」 ATM↑↑でキャッシング

画面操作は、英語と漢字(中国語)併記なので、まずまず分りやすいです。クレジットカードの暗証番号を必ず求められるので、出発前に日本で確認しておく必要あり。

クレジットカード種別を選択する画面↓↓で、(1)「JCB Credit」ではなく、(2)「Cirrus」を選択します。JCBカードを使ってキャッシングをしようとしているわけで、はじめは、当たり前のように、(1)「JCB Credit」を選択してやっていたのですが、成功せず。。

で、日本のJCBカスタマーセンターに問い合わせたところ、JCBマークが付いているATM機でも、JCB台湾は別扱いなので、「Cirrus」のマークが付いたATM機を利用するように、とのことだったので、この画面でも「Cirrus」を選択したら成功しました。

2017年8月、利用時のデータ

  • 利用したATM機:台北市内MRT駅構内のATM機(上述の「國泰正華銀行」)
  • 使用カード:ANA・JCBカード
  • キャッシング利用額:6000台湾ドル(日本円で約21900円)

この 6000台湾ドル が、JCBの両替レートで 21902円 に換算(1台湾ドル=3,65円)。プラス利子が10円。これは、利用日から、電話で繰越返済の申請をした日までの日数(この時は2、3日)の利子。

で、この合計額21912円を、JCBに電話した時に指定された口座に、オンラインバンキングで振り込みました。台湾滞在中に、ホテルの部屋から持参のPCで。

結果的に、6000台湾ドル=21912円(1台湾ドル=3,652円)。

★ 別の日にもう1回キャッシングを利用した場合でも、2回まとめて一括で繰越返済可能です。自分もやりました ★

レートがいい銀行・両替所まで行く手間と時間

ネットで調べると、レートがいい銀行や両替所の情報がありますが、そこまで行く時間と手間をかけて僅かな違いしかなければ、トータルでキャッシングがベストと思っています。

なるべくロスを減らすために最低限の現金を両替したものの、旅の終盤に尽きてしまい、もう少しだけ両替したい、でも近くにいい両替所ない、、、という経験が自分にはよくあります。

町中でATMを見つけるのは難しくないのですが、どの銀行のATMを利用すればいいのかまではケースバイケースという面もあり、なかなか情報としてありません。

台北市内では、MRT駅構内に同じ銀行のATM機を良く見かけ、これが幸い手持ちのJCBカードのキャッシングに対応していて、レートも良好なので、記録として書きました。

(イタリア版の、キャッシングを利用できるATM機情報も、いつか調べたいです)

おわり