【ウィーン】Café Central のランチ

以前、朝食をとりにいったときの「Café Central」の優雅な雰囲気が忘れられず、今回も朝に行こうと思っていました。

ところが、昼食の場所がなかなか決まらず、「Café Central」にも「Restaurant」と書かれてれていたのを思い出し、仕方がない、ランチでも行ってみよう、となりました。

仕方がない、というのは「Café Central」の前を通るといつも列ができていて、並ぶのはいやだなと思っていたからでした。

 

ランチタイムは11時30分〜14時00分

並び始めたのは11時50分頃。まだ長蛇の列というほどではありませんが、とにかく雨が鬱陶しい。。列が進み入口付近までくると、ボードが立てかけられており、ランチメニューがあることが分かりました。ドイツ語表記だけで内容は分かりませんが、おそらく2皿から成る定食。

ウィーンで何を食べたらいいか分かっていなかったので、セットメニューがあるのは有難い。そして「12,5ユーロ」というのも有名老舗カフェにしてはわりと手頃に感じます。

この写真は食後に撮ったもので12時50分頃ですが、私が来た時(11時50分頃)に比べ、列は2倍以上の長さになっていました。この状態だと席に着くまで40〜50分はかかりそうです。

食事時間に融通が利くのであれば、ランチタイムの開始時間11時30分に来るのがいいかと思います。12時前と、12時をまわってからでは、数十分の差ですが、待ち時間に結構な違いがあるように見えました。

このハットをかぶり制服を着た人が「列さばき」の担当で、列が長くなってくると歩行者の妨げにならないように列を整えたりします。このあたり、日本と似て、きちっとしています。

つい比べてしまうのですが、隣国イタリアの場合、どれだけ列が長くなってもほったらかしだろうし、列そのものが形成されずカオス状態になることもあり、「列さばき担当」などは考えられません。。

この人は、並んでいる客に絶えず声をかけたり、おしゃべりをしてくれたりもします。1人だった私にも「1人用の席はなかなか空かないんだけど、もう少し我慢して」みたいなことを言ってくれました。

 

25分ぐらい待って席へ案内

25分ぐらい待ってようやく席へ。店内に入ると、中国の大型連休・国慶節の期間だったためか、半分近くは中国人観光客でした。満席で結構ガヤガヤしていたので、やっぱり前回来たときの朝の静かな雰囲気(写真↓)がいいなぁと思いましたが、それでもやっぱり優雅な空間に、並んでも来るべきと再認識。

メニューを見て、入口付近のボードに書かれていたランチメニューの内容が判明。その1週間の日替わりメニューが曜日ごとに書かれています。

Café Centralのランチ
月〜金
11時30分〜14時00分
12,5ユーロ
2皿から成る定食(メーンとなる2皿目は2種類から選べる)

 

スープと肉料理

1皿目はスープ。
Klare Steinpilzsuppe
Clear cepe mushroom soup with fresh cheeseかなりちゃんとしています。美味しい。

2皿目は肉料理を選択。
Steirisches Krenfleisch
Styrian belly of pork with horseradish & vegetables & chive-potatoesカフェの雰囲気が目的で、12,5ユーロという価格からも食事の内容にはほとんど期待していませんでした。有名カフェのランチメニューなんてやっつけ程度のものだろう、と。

が、まったくそんなことはありません。ちゃんと料理されたものが、ちゃんとしたレストランと同じようにきれいな器で出されます。

こんなにいい雰囲気のクラシカルなカフェで2皿のちゃんとしたランチを、パリやイタリアの都市などで食べたら、€18〜20はくだらないと思います。生意気を言えば、肉がもっと煮込まれてとろっとしていたらより美味しいだろうなとは思いましたが、何よりこの空間で食事できるので十分に満足。

(ランチメニューにコーヒーなどの飲み物はついていません)

 

チップなど

席を立つのが惜しいですが、待っている人がたくさんいるので会計を頼みます。テーブルチェックなので、ウェイターが伝票を持ってきてくれます。カード支払いの場合は、カード決済用の端末を持ってきてくれます。

「ランチセットなので12,5ユーロですが、これはチップなしの価格です」というようなことを言われました。

10ユーロ札と、2ユーロ硬貨が2枚あったので、14ユーロを渡しました。カード支払いの場合、端末の番号キーでチップを上乗せした額を自分で入力します。ヨーロッパの老舗カフェというと、ちょっと敷居が高く外国人観光客に対してやや冷たい、というイメージがありますが(特にパリ)、ここ「Café Central」は、自分が行った2回の印象では、ウェイター陣はみなプロフェッショナルで感じもよく気持ちがいいです。

(おわり)