【クアラルンプール1日観光②】イスラム文化、ニョニャ料理、Uber&Grabなど




  • 時期:2018年2月
  • 行きの飛行機:成田 11時05 → 18時10分 クアラルンプール(JAL723便)
  • 観光:イスラミックアートミュージアム(www.iamm.org.my
  • 昼食:「Limapulo Baba Can Cook」(googleマップ)で「ラクサ」
  • 夕食:「Village Park Restaurant」(googleマップ)で「ナシレマ」
  • 帰りの飛行機:クアラルンプール 11時15分 → 12時20分 シンガポール(スクートTR453便)

クアラルンプール18時着、翌々日の11時の便で発つため、実質1日観光。前半部分はこちら↓に書きました。

 

イスラミックアート美術館→昼食予定のレストラン

イスラミックアートミュージアム(www.iamm.org.my)を後にして、配車アプリ「Uber」で、昼食をとる予定の「Limapulo Baba Can Cook」へ。

配車アプリ「Uber」利用

イスラミックアート美術館 → Limapulo Baba Can Cook(ニョニャ料理レストラン)

走行距離約3,6km、乗車時間16分、8,3リンギット

この朝、ホテルからこの美術館までの移動で、配車アプリデビューを果たしたので、これで2回目の利用。従来の観光では、点から点へ移動するのに、「地下鉄駅までの行き方は?」とか「何番のバスを使えばいい?」とか「タクシーを拾うために大通りへ出よう」とか、いろいろと面倒でした。

配車アプリを使えば、行き先をアプリ上で指定するだけで、料金がすぐにはじき出され、いま自分がいる場所までピックアップしに来てくれます。

さらに、マレーシアのように物価が安い国の場合、市内の移動であれば乗車料金はだいたい数百円。本当に革命的な便利さです。

 

ニョニャ料理の店で昼食

マレー半島に移民してきた中華系の男性が、マレー人の女性と結婚して、生まれてきた女の子を「ニョニャ」と呼ぶそうで、中国語では「娘惹」(味のある表記です。。)なので「ニョニャ料理」とは、中華&マレーのフュージョン料理。

曜日限定の「ニョニャ・ラクサ」を出すという記事をどこかで読み、感じのいい外観の写真を見て、ここに行こうと決めていました。

  • 店名:Limapulo Baba Can Cook
  • 営業時間:公式サイトのフロントページに記載
  • 住所:50, Jalan Doraisamy, Chow Kit, 50300 Kuala Lumpur(googleマップで
  • 「The Row」という古い建物をリノベーションした飲食店&イベントスペース施設内。シェラトンインペリアルホテルの脇。
  • 注文した料理:ニョニャ ラクサ(10,9リンギット、サービス料込)

入店した11時50分頃はまだ空いていますが、12時を過ぎると女性客を中心にどんどん席が埋まっていきました。

ランチ(11:30〜15:00)のメニュー↓ 「ニョニャ・ラクサ」は、月・水・金・土のみと書いてあります。後付けの知識ですが、ラクサは、地域によっていろいろなバリエーションがあるようで、この「ニョニャ・ラクサ」はココナッツミルクを使ったスープに細い米麺。ラクサを食べるのはたぶん2回目。まだ、良し悪しの判別がつきません。。

例えば、中華系のスープ麺なら日本人にも馴染みのある調味料や味付けなので、美味い不味いがだいたい分かるものですが、ラクサは本当に異文化の食べ物という感じがして、慣れない味に舌が混乱してしまいます。

ココナッツミルクベースのスープは口にすると、もったり、濃厚。「キレ」がないので、はじめは麺をツルツルすする気になれないのですが、後からじんわりと各種スパイスの風味と辛さが効いてきて、食欲を刺激。このココナッツミルク&スパイスのスープは、中華圏や日本の風土では生まれ得ない味のような気がします。これがマレー系の味で、それに中華系移民が米麺をぶつけて「つゆ麺」に仕立てたのかな、などと想像しながら麺をすすります。店内は清潔で洒落ています。「ローカルフードを食べてみたいけど、屋台や大衆食堂風はちょっと苦手」というような人にも、ちょうどいい店。

ラクサの他にも、「Cucur Udang」(海老のスパイシーかき揚げ、上記写真メニュー内「S12」)や各種チキン料理など、気になるものがたくさんあり、次は夜に来て、ゆっくり色々なニョニャ料理を試してみたいと思いました。

 

マレーシア人デザイナーの雑貨屋「Peter Hoe」

このレストランが入っているのは「The Row」という古い建物をリノベーションした商業施設。食後、施設内を歩いていると、面白そうな雑貨屋があったので入ってみました。昼時だったためか店は空いていて、客は日本人の女性グループのみで、お土産を物色しているようでした。

たしかに、程よくエスニック、程よくおしゃれな雑貨は、お土産にちょうどいい感じがします。自分も、あるスカーフが目に止まり、買う二歩手前ぐらいまで迷いました。メモがわりに、店名と思われる額の写真を撮っておき、あとで調べてみると、「Peter Hoe」というのは、マレーシア人デザイナーの名前でそのまま店名のようです。

  • 店名:Peter Hoe (雑貨屋)
  • 場所:シェラトンインペリアルホテル脇の商業施設「The Row」の2階
  • 住所:50, Jalan Doraisamy, Chow Kit, 50300 Kuala Lumpur(googleマップで

いろいろなサイト、ブログに「お土産にぴったりなおしゃれ雑貨屋」と紹介記事があります。以前は、チャイナタウンエリアにあったのが移転してきたようです。

 

モノレール初搭乗

食事を終え、雑貨屋をのぞき、商業施設「The Row」を後にします。

配車アプリがあまりに便利すぎるので、ここでもまた使いそうになりましたが、思いとどまりました。

移動を全部、配車アプリ利用にすれば、「イレギュラー」が起きないのでとにかく楽なのですが、その「イレギュラー」が実は旅行の醍醐味だったりもします。歩いていて道を間違えて迷い込んだところが、たまたま面白いエリアだったという具合に。

ということで、ホテルまでモノレールを利用。商業施設「The Row」からモノレール駅「Medan Tuanku」まで徒歩数分。ホテルがあるブギッビンタン駅までは3駅。外の景色が見えるのは楽しいですが、車内はやや狭く感じます。このときは2両編成だったこともあり、少し窮屈です。

クアラルンプール到着後など、スーツケースを抱えているときは、広々としたMRT(地下鉄)を利用したほうがよさそうです。

 

リッツカールトンホテルのプール

せっかくのいいホテルなので、いちおうプールぐらいは行っておこう、と。

更衣室プールは、そんなに広くありません。というか、このホテル自体、わりとこじんまりとしている印象。ラウンジバーも狭く、レストランも少ない気がします。この日の夜、立ち寄った「マンダリンオリエンタル」を見て、そう感じました。プールサイドには、バーコーナーも。ジャグジーとサウナもありました。

 

マレーシアの国民食「ナシレマ」の名店へ

プールで軽く泳ぎ、部屋に戻ると、16時過ぎ。何となく小腹がすいてきたので、予定を繰り上げ、夕食をとる予定の店へ向かうことに。

旅行中は、何か食べたくなったときに食べるという原則で行動しているので、時間は関係なし。アジア圏では、ほぼ24時間どこかで何かしら食べることができるのが素敵です。

  • 店名:Village Park Restaurant
  • 住所:Googleマップで
  • 営業時間:6時30分〜19時30分

これが、ナシレマ。ご飯はココナッツミルクで炊いてあるそうです。

  • クリスピーチキン
  • 揚げた小魚
  • ピーナッツ
  • きゅうり
  • 「サンバル」というソース

「マレーシアの国民食」、「マレーシア人のソウルフード」などと、下調べの時からあちこちで読んでいたので、これだけは食べておこうと思っていました。

調べていると、首相も来店したという名店がクアラルンプール郊外にあるというので、ここも必ず行くつもりでした。

ただアクセスが悪く、MRT(地下鉄)で市外へ出て、駅から更にバスかタクシーを利用、と旅行者には結構不便です。

プールで涼んできたばかりで、ホテルの部屋で寛いでいますから、この道程を考えると億劫になってしまいます。今までだったら、妥協して近場の店で済ませていたかもしれませんが、今回は配車アプリという強力なツールがあります。

ホテルの部屋でおもむろにアプリを起動し、目的地にレストラン名を打ち込むと「乗車料金25リンギット(約700円)、配車まで7分」と表示。

配車アプリ「Grab」利用

リッツカールトンホテル → Village Park Restaurant

走行距離約17km、乗車時間25分、25リンギット(約700円)

部屋で身支度をしてから、ロビーに下ります。ソファで数分待てば、ホテル正面玄関に配車。あり得ない快適さ!

乗車料金が最初に決定されるので、道が混んで時間がかかっても、仮にドライバーが道を間違えても、何の心配もすることなく、のんびり外の景色を眺めているだけで目的地へ着きます。入店したのは16時30分頃という中途半端な時間だったので、空いています。そもそも、この「ナシレマ」は朝食に食べるものだそうです。もちろん「ナシレマ」の他にもメニューがあって、この惣菜類↓なんかも興味深いです。カリッとしたチキンフライも美味ですが、「キモ」はご飯の右にあるサンバルというソース。何かのだし(?)と野菜を煮込んだようなコクと辛味で、全体が締まります。注文したのは、この「ナシレマ」のみ。お勘定は、11リンギット(約300円)でした。

 

Pavilionからスカイウォークでツインタワーへ

早めの夕食を済ませ、繁華街ブギッビンタンへ戻ります。

またまた配車アプリ「Grab」を利用し、レストランに配車。行きとルートを変えて、最寄りのMRTの「TTDI」駅まで(1,5km、約7分、乗車料金6リンギット)。MRTの「TTDI」駅から、「ブギッビンタン」までは、7駅。

ブギッビンタン駅で降りて、ショッピングモール「Pavilion」へ。このモールからツインタワーまで、空中遊歩道で直結しており、歩いて10分程度の距離。

ただ、この「Pavilion」というモールが広大で、空中遊歩道の出発点が分かりにくいです。おおよその方向として、正面入口から入って左奥。両脇が飲食店となっているアーケード通りがあり、それを抜けたところが出発点。やはり「ツイン」は迫力があります。

 

マンダリンオリエンタルのカクテルウランジ「REN」入れず

ツインタワーのすぐ裏にマンダリンオリエンタルがあります。

滞在ホテルのバーラウンジがあまり充実してなさそうだったので、何か面白そうなところはないかと、ここのラウンジにアテをつけておきました。

マンダリンオリエンタル「REN」(公式HPより

旅行に行くと、なぜか、こういう尖ったところにも行ってみたくなります。ところが、この日は貸切のため、入れず。。

仕方ないので、滞在ホテルのラウンジに戻って軽く飲むことにしました。

  • リッツカールトンホテル内「Library Lounge」
  • 営業時間18時〜25時
  • 注文した飲み物:フィズ(50リンギット、サービス料込)

ラウンジは、エレベーターへ向かう通路の途中にあり、雰囲気もまぁ普通ですが、生演奏が思いのほか良くて、いい気分で旅を締めくくることができました。

(おわり)