つまみ持込みOKのオヤジ系飲み屋「オステリア・デル・ソーレ」:ボローニャ




この店は、エノテカでもバールでもなく、「飲み屋」という言葉がぴったりきます。それも結構ディープなおやじ系飲み屋。

スマホではなく、一応、RICOH GR で撮影したのですがダメでした。この写真だと、店内の何とも言えない薄暗さが出ていません。もっともっと味があります。

オステリア、といっても飲み物だけで、食事は出していません。が、食べ物の持込みOK。

店の周辺が野外市場のようなエリアで、肉屋から惣菜店まで揃っていて、食事時には生ハムや惣菜を持ち込む人がたくさんいます。

中庭もあるのですが、壁が剥げかけています。。

店のホームページには「1465」の文字。店のルーツは1465年まで遡る、ということでしょうから老舗なんてもんじゃありません。

雰囲気からいって、もともとおやじ系の店だったのかもしれませんが、日本のガード下のおやじ系立ち飲み屋が一回りして若い人にも「あり」となっていったように、ここの客層も若い人が多いです。

自分は17時から19時ぐらいの時間にしか行ったことがありませんが、店のページによると営業時間は10時30〜21時30分となっています。

この店に来たらボローニャの発砲白ワイン「ピニョレット(pignoletto)」(写真左)を頼む人が多いみたいです。ボトルで、たしか10ユーロ。

もちろんグラスでも頼めて、たしか 2,5ユーロ。滅茶苦茶安いです。

(おわり)