ついつい買ってしまう「GEOX」のスニーカー




イタリア中に店舗を持つシューズブランド

「GEOX」というシューズブランドは、ZARAやH&Mと同じぐらい、イタリアのどの町にも店舗をもっています。

男もの、女もの、両方作っていて、スニーカーから革靴まで幅広く揃っています。ソールの通気性をよくした「呼吸する靴」というのが売りで、店の看板や靴の箱、紙袋に、各国の言語で「呼吸する」というキャッチコピー↓↓

↑各国の言語で「呼吸する(靴)」という単語が書かれている

私も「GEOX」のスニーカーを3足持っていますが、実のところ、他のスニーカーと比べて、そこまで通気性の良さを実感したことはありません。。夏場、多少蒸れが少ないかな、という程度でしょうか。

ただ「AMPHIBIOX」(←公式サイトの解説)という防水技術を施したシリーズもあり、これは重宝しています。というか、初めはこれ目当てで雨用靴として購入しました。

価格帯は100〜200ユーロ、機能性を売りにしたシューズメーカーです(この価格帯なので、Made in Italy ではない)

 

イタリアらしいデザイン?

このブランドの紹介には「機能性とイタリアらしいデザイン」のように書かれていることが多いですが、生意気を言わせてもらうと、個人的にはそんなにイタリアらしい靴だとは感じません。

やはり、イタリアにはかっこいい靴が多いですから、それに比べると見劣りします。例えばスニーカーだったら「Premiata」とか。好みが分かれるデザインかとは思いますが、何というか、イタリアらしい華があります。

と、エラそうなことを言いながらも、3足も「GEOX」のスニーカーを持っています。なんだかんだ無難で、価格も手頃、防水機能は雨の日に重宝します。

3、4年前からずっと同じデザインで、毎年2回、色を変えて発売され続けている「ABX」というモデル。上のほうは、秋冬もので防水機能付き、下は春夏もので防水機能なし。

定価135ユーロですが、7月と1月に必ずセールを打つので、30%オフで購入。

靴の幅は広めで、日本人の足にも合います。

 

ついつい買ってしまう。。

結局、無難なデザイン、防水や通気性などの機能性、そこそこの値段という条件が揃っていると、「とりあえず、ローテーションの数を増やすために買っておこう」と、バーゲン時にはつい買ってしまいます。で、2017年1月のセール時に、またまた同じモデルの色違い↑を購入。。

このチャコールグレーのように地味目な色であれば、イタリア旅行時の家族への土産などにもいいかと思います。自分も、父親や叔父などに、プレゼントしたことがあります。

(おわり)