イタリア 1日の死亡者が500〜800人で高止まり、身近に迫る第2波、ドイツ第1波を上回る危機

3、4月の第1波では、自分のまわりで感染したという話は聞きませんでした。友達の親戚とか、友達の職場の同僚というぐらいの遠さで数件聞いた程度でした。

第2波でも知人、友人で感染した人はいませんが、すぐ近くまで迫っている感じがあります。この1か月ぐらいでPCR検査を余儀なくされた人(=濃厚接触者)が自分の周りにも結構いるからです。

ヨーロッパでの第2波の猛威は、毎日ニュースで感染者数、死亡者数等を見ていての体感としはすでに第1波を越えているような気がします。

 

クリスマス移動制限前に帰省。家族と食事をして‥

イタリアでは12月21日から州をまたぐ移動が制限されるので、クリスマスを実家で過ごすために早めに帰省する人が多いようです。

以下、友人ダビデの話。

彼のお兄さんは、12月上旬に帰省してきました。

帰省してすぐ、そのお兄さん、そして両親も一緒に食事をしたそうです。日曜日の昼食。

5日後の金曜日、お兄さんから「発熱したのでPCR検査を受けたら陽性だった」という連絡が。。

ダビデには症状は出ていませんでしたが、日曜日にクリニックへ行き私費で検査を受けました。幸い陰性でした。ご両親も大丈夫でした。

彼は、この話をぴりぴりした感じで語りました。

というのも、実は、お兄さんが会食の数日前から咳などの症状があったのに、それを家族に事前に言わなかったことに腹を立てていたからです。

まぁ腹を立てるのはもっともです。

食事をした日曜日から、お兄さんの陽性連絡を受けるまでの5日間、ダビデはいつも通り仕事へ行き、友達(2人ほど)や彼女とも会っていました。

もしダビデも陽性だったら、この5日の間に彼と会った友達、そして職場の同僚に関してはおそらく片っ端から自宅隔離となっていたはずです。

そしてこのつながりの中に、1人で多くの人へ感染させる「スーパースプレッダー」的な人がいたら、、、。

そう考えると毎日数字で見ている「歯止めのきかない感染拡大」というものを身近なものとして実感しました。

 

イタリア、ここ2週間の感染者数推移

11月下旬から12月中旬までのイタリアでの感染者数は、1日2万人前後。ピークは11月中旬だったようで、その頃は1日3〜4万人。

ただし、死亡者数は高止まりで、少ない日で約500人、多い日は800人を超えます。

以下、この2週間ぐらいのデータ。ときどき、比較材料としてフランスやドイツのデータも。ドイツは11月末頃から状況が悪化し、1日の死亡者数が第1波の最多時(315人)を超え、12月16日には952人に達しました。

カッコ内は死亡者数。

⚫︎12月18日 17992人(674人)

☆ ドイツ 1日の最多感染者数更新:33777人(813人)
☆ フランス 15674人(610人)、マクロン大統領感染

⚫︎12月17日 18236人(683人)

⚫︎12月16日 17572人(680人)

☆ ドイツ 27728人(過去最多の死亡者数: 952人)
この日からロックダウン強化。食料品店などを除く全ての店舗、レストランが営業禁止。学校も閉鎖。1つの家での集まりは、最大2家庭の計5人までに制限。クリスマスの24~26日だけは、各家庭が親族を4人まで、複数の家庭から招くことができる。

⚫︎12月15日 14844人(846人)

⚫︎12月14日 12030人(491人)

⚫︎12月13日 17938人(484人)

⚫︎12月12日 19903人(649人)
イタリア、欧州で最も死者数が多い国になった(64036人)。それまではイギリスだった。

⚫︎12月11日 18727人(761人)

ロンバルディア州、ピエモンテ州、カラブリア州、バジリカータ州が、オレンジゾーン→イエローゾーンに。

☆ ドイツ、1日の死亡者が過去最多の598人(感染29875人)
☆ フランス 13406人(627人)

⚫︎12月10日 16999人(887人)

⚫︎12月9日 12756人(499人)

☆ ドイツ、1日の死亡者が過去最多の590人(感染20815人)。翌々日には最多を更新してしまう。
メルケル首相、議会でかつてないほど感情をあらわに演説。

⚫︎12月8日 14842人(634人)

⚫︎12月7日 13720人(528人)

⚫︎12月6日 18887人(564人)
死者が6万人を超えた国として世界で6番目、欧州では英国に次いで2番目。

エミリアロマーニャ州、オレンジゾーン→イエローゾーンに。

⚫︎12月5日 21052人(662人)

⚫︎12月4日 24099人(814人)
イタリア全土のRT(実効再生産数)が1を切って、0,91に。

⚫︎12月3日 23225人(993人)

☆ イギリス 14879人(414人、累計6万人超え、米国、ブラジル、インド、メキシコについで5番目に多い)
☆ スペイン 10127人(254人)
☆ フランス 12696人(324人)
☆ ドイツ 22046人(479人)

⚫︎12月2日 20709人(684人)

⚫︎12月1日 19350人(785人)

☆ ドイツ 13604人(388人)
☆ フランス 8083人(775人)、元大統領(1974ー1981)がコロナで死去。

⚫︎11月30日 16377人(672人)

⚫︎11月29日 20648人(541人)

⚫︎11月28日 26323人(686人)

⚫︎11月27日 28352人(827人)
ロンバルディア州、ピエモンテ州、カラブリア州がレッドゾーン→オレンジゾーン。 

⚫︎11月26日 29003人(822人)

⚫︎11月25日 25853人(722人)
マラドーナ死去。この日の一般紙朝刊、9面を使って特集。

☆ ドイツ死者数410人、4月の第1波のピーク315人を超える。

これより前のデータはこちら