【10月16日】イタリア感染者ついに1万人越え(10010人、死亡55人)

ついに10000人越え。

「3・4月とは検査数の桁が違うし、感染者の年齢層も若年層が多い」というのは事実なのでしょうが、ネガティブな私には気休めに聞こえます。

「インフルと変わりない」とか「私は怖くない」などと言っている人が自分のまわりにもまだ多く、イタリアに何が起きているのか良く理解できていなかったロックダウン前の2月末。

そんな中いつも気にしていたのが犠牲者の数で、3月4日には既に100人越え。1日に100人以上の犠牲者が出ているのに、上記のように呑気なことを言っている人たちが信じられませんでした。

この1週間ぐらい、1日に亡くなった人は30〜40人で推移。

10月15日は83人に達しました(感染者数8804人)。

ニュース記事だと、これに「春先の第1波に比べると少ない」といった文が添えられることが多いですが、だからまだ大丈夫とか、これぐらいは仕方がない、というふうになるのは本当に嫌です。

3・4月の悪夢を繰り返さないため、教訓を生かすことができるのか。これから冬にかけて、イタリアの国力と国民レベルが問われると思います。

 

ここ2週間ぐらいのイタリア全土の感染者推移

⚫︎ 10月6日 +2677人(死亡28人)

⚫︎ 10月7日 +3678人(死亡31人)
     
⚫︎ 10月8日 +4458人(死亡22人)
この日から全土で屋外でもマスク着用義務

⚫︎ 10月9日 +5372人(死亡28人)

⚫︎ 10月10日 +5724人(死亡29人)
ロンバルディア州だけで1140人。久しぶりに見た1000人越え。

⚫︎ 10月11日 +5456人(死亡26人)
朝刊1面に「パーティーとフットサル禁止へ」の見出し。首相令として13日に正式に発表。その他の制限措置は、
 ☆バーやレストランの営業は24時まで
 ☆バスケットやフットサルなどの接触スポーツ禁止
 ☆屋内外に関わらずパーティー等は禁止
 ☆自宅での集まりも最大6人まで

⚫︎ 10月12日 +4619人(死亡39人)

⚫︎ 10月13日 +5901人(死亡41人)

⚫︎ 10月14日 +7332人(死亡43人)
朝刊1面にマクロン仏大統領の写真。前日夜に制限措置を発表。
「パリと他の8都市で21時から6時までの外出禁止。 couver feuという戦時中を思い起こさせる強い言葉を用いた」


⚫︎ 10月15日 +8804人(死亡83人)
バレンティーノロッシとペッレグリーニ(女子競泳選手)という国民的人気スポーツ選手が感染をSNSで公表。

⚫︎ 10月16日 +10010人(死亡55人)
ついに1万人越え

⚫︎ 10月17日 +10925人(死亡47人)

⚫︎ 10月18日 +11705人(死亡69人)

⚫︎ 10月19日 +9338人(死亡73人)

⚫︎ 10月20日 +10874人(死亡89人)

⚫︎ 10月21日 +15199人(死亡127人)

⚫︎ 10月22日 +16079人(死亡136人)

⚫︎ 10月23日 +19143人(死亡91人)

(おわり)