ストライキ




状況はこんな感じ。

  • A駅からB駅までは約30分。
  • 両駅とも、各駅も急行(特急)も止まる。
  • 特急に乗っても5分早い程度だが、運賃は高くなる。
  • 普通の定期券では、各駅しか乗れない。

ストライキといっても、(感覚的には)2か月毎ぐらいにやっていて、電車が1日中まったく運行しないというわけではない。
各駅電車は通勤通学の時間帯を除きほとんどキャンセルとなるが、特急は即ち長距離電車なので、ストライキ時でも運行が保証されているものがある。

例えば14時ぐらいに駅に行くと、14時台、15時台の各駅電車はすべてキャンセルで、15時台に特急が辛うじて1本といった感じ。

ここで、各駅電車の定期を持っている人はどうすればいいか。乗る予定だった14時台の各駅電車はすべてキャンセル。目的地に行くには15時台の特急に乗るしかない。が、この定期では特急に乗ることができない。

成り立たない仮定だが、もし日本だったら「乗るつもりの電車が、そちらの『勝手な』ストライキでキャンセルになったのだから、補填されてしかるべき。特急だろうが新幹線だろうが何でもいいから乗させて、目的地に行かせろ!」と乗客が駅員に詰め寄る絵が想像できる。

イタリアでは、上記の状況で15時台の特急が到着すると、だいたいこうなる。

電車から降りてきた車掌のところに乗客が殺到、
「各駅電車の切符だけど、乗ってもいいよね?
だって、各駅は全部キャンセルなんだから」
↓↓↓
車掌「これは特急電車だから各駅電車の切符と定期では乗れない‼︎
乗った場合は追加料金を徴収する‼︎」
↓↓↓
口論開始

何回もこの応酬を見てきてうんざりなので、自分は特急電車の切符を買います。完全に泣き寝入り。